マラヤジャボク
 まらやじゃぼく(マラヤ蛇木) キョウチクトウ科    分類:草  学名:Rauwolfia perakensis King et Gamble

2020年12月12日   花びら:5枚   色:東京都某薬科大学2薬用植物園 にて
マラヤジャボクの実。熟すと黒くなる。近年、 インドジャボク 
インドジャボク
同様、根からレセルピンと呼ばれる薬用成分が抽出され、精神安定剤、降血圧剤として使われている

マラヤジャボク


マラヤジャボク


2011年08月06日   花びら:5枚   色:東京都某薬科大学2薬用植物園 にて
 インドジャボク 
インドジャボク
の仲間で、インドジャボクはインド伝統医学のアーユル・ヴェーダで用いられる薬用植物で、名前は根が蛇のようにくねっていることから。

マラヤジャボク


マラヤジャボク