オヤマボクチ
 おやまぼくち(雄山火口) キク科    分類:草  学名:Synurus pungens

2002年08月29日   花びら:7枚以上   色:谷川岳天神平 にて
なんとも変わった名前である。ホクチ(火口)とは火打ち石から出る火花を移しとる綿毛のことで、この葉の裏にある綿毛がこれに使われるから。この写真はまだつぼみの状態で、秋に入るとあざみのような花を付ける。

オヤマボクチ


オヤマボクチ


こちらは霧ヶ峰にて

2003年09月21日   花びら:7枚以上   色:山梨県御坂峠 にて
これはまだ若いつぼみのオヤマボクチ。ゴボウに良く似た大きな葉を見ると、アザミの仲間には見えないが、 フジアザミ 
フジアザミ
に良く似た花から、同属であることがわかる。

オヤマボクチ


オヤマボクチ


2003年10月13日   花びら:7枚以上   色:山梨県塩山市裂石林道 にて
秋になって変色したオヤマボクチの。花も穂も同じような濃い黒紫なので、どこからが花なのか判らない。大きさは7〜8cmもあり、上から見るとまるで人の頭がぶら下がっているようで、あまり気持ちのいいものではない。

オヤマボクチ


オヤマボクチ