オオイヌノフグリ
 おおいぬのふぐり(大犬の陰嚢) ゴマノハグサ科    分類:草  学名:Veronica persica
別名・別読み: ヒョウタングサ、ホシノヒトミ(星の瞳)

2004年02月22日   花びら:4枚   色:大田区みなとが丘ふ頭公園 にて
花名の由来は「犬の陰嚢(ふぐり)」。いささかがっかり、というよりかわいそうな名前ですが、種子の形が似ていることからの名前で、花とは無関係。明治初期に日本に渡来したヨーロッパ原産の帰化植物

オオイヌノフグリ


オオイヌノフグリ


下は、赤色の濃いものと並べたもの

2007年03月21日   花びら:4枚   色:東京都大井埠頭 にて
葉の下に隠れ、葉をかき分けてみないと、このような種子がぶら下がっているのは解らない。名前はこの姿からきたものだが、リアルさでは コゴメイヌノフグリ 
コゴメイヌノフグリ
に一歩譲る

オオイヌノフグリ


オオイヌノフグリ


2007年03月16日   花びら:4枚   色:東京港野鳥公園 にて
羽田空港に隣接する野鳥公園は、離発着する旅客機の騒音を気にもせず、野鳥が羽を休めている。別名は星の瞳以外に瑠璃唐草、天人唐草などいろいろ

オオイヌノフグリ


オオイヌノフグリ


2001年03月23日   花びら:4枚   色:山梨県一宮町 にて
道ばたや空き地でよく見かける小さいな野草(雑草)。しかし、こんなに小さいのに、なぜ「オオイヌ」と付くのかは、 コゴメイヌノフグリ 
コゴメイヌノフグリ
や フラサバソウ 
フラサバソウ
、 タチイヌノフグリ 
タチイヌノフグリ
と比べると納得。

オオイヌノフグリ


オオイヌノフグリ