ハゼラン
 はぜらん(爆蘭) スベリヒユ科    分類:草  学名:Talinum crassifolium
別名・別読み: サンジソウ(三時草)、エドノハナビ(江戸の花火)

2007年08月05日   花びら:5枚   色:東京都大田区 にて
熱帯アメリカ原産の帰化植物で、明治時代に渡来したが、繁殖力が強く野生化が広がっている。蘭の名がつくが蘭ではなく スベリヒユ 
スベリヒユ
や マツバボタン 
マツバボタン
と同じスベリヒユ科

ハゼラン


ハゼラン


2013年11月18日   花びら:5枚   色:東京都都市緑化植物園 にて
 ナンテン 
ナンテン
を小さく、まばらにしたようなハゼランの実。2mmほどの実の中に10個ほどの種が入っている。

ハゼラン


ハゼラン


2010年07月24日   花びら:5枚   色:東京都大田区 にて
勇ましい名前だが、理由は丸い玉状のつぼみからはじけるように花が開くことから。花は5〜8mmと小さいが、つぼみはさらに小さい。名前のようにはじけて膨らむのかもしれない。

ハゼラン


ハゼラン


2008年09月26日   花びら:5枚   色:東京都大田区 にて
 別名は午後3時頃から花を開くことから。ついでながら、 ゴジカ(午時花) 
ゴジカ(午時花)
は午後に咲くことから

ハゼラン