カキラン
 かきらん(柿蘭) ラン科    分類:草  学名:Epipactis thunbergii
別名・別読み: スズラン(鈴蘭)

2018年09月16日   花びら:ラン形   色:筑波実験植物園 にて
カキランの実。ラン科なので エゾスズラン 
エゾスズラン
、 シラン 
シラン
などの実とよく似る。種からも増えるが、茎が枯れても地下茎が冬を越し、春には芽を出す

カキラン


カキラン


2008年07月12日   花びら:ラン形   色:筑波実験植物園 にて
花の色がオレンジ。いわゆる柿色なのでこの名前がある。湿原などの湿った場所に生え、北海道から九州までの広い地域と東アジアに分布。

カキラン


カキラン


2014年07月10日   花びら:ラン形   色:箱根湿生花園 にて
花が  カキ 
カキ
の実の色に似ることから名前のついたものには  カキノハグサ 
カキノハグサ
もその一つ

カキラン


カキラン


 

2007年06月19日   花びら:ラン形   色:筑波実験植物園 にて
仲間には海岸近くに生育する ハマカキラン 
ハマカキラン
がある。別名のスズランは、つぼみが鈴の形をしているからで、 スズラン 
スズラン
とは別

カキラン


カキラン


こちらは2009年6月20日