タカネイブキボウフウ
 たかねいぶきぼうふう(高嶺伊吹防風) セリ科    分類:草  学名:Seseli libanotis ssp. janpnica f. alpicola

2010年07月31日   花びら:5枚   色:長野県八方尾根 にて
セリ科の高山植物には ミヤマゼンコ 
ミヤマゼンコ
、 ミヤマトウキ 
ミヤマトウキ
など良く似るものが多いが、これらと比べ葉がニンジンの葉のように細く分裂する。しかし ミヤマウイキョウ 
ミヤマウイキョウ
はさらに糸のように葉が細い

タカネイブキボウフウ


タカネイブキボウフウ


2009年09月01日   花びら:5枚   色:那須岳 にて
那須岳の主峰である茶臼岳の山頂付近は、火山性の瓦礫のため、生えている植物が限られる。タカネイブキボウフウは数少ない植物の一つ。ツボミは赤紫色で、花が開いてくると白くなる

タカネイブキボウフウ


タカネイブキボウフウ


2006年08月30日   花びら:5枚   色:谷川岳天神平 にて
同じ高山種には ハクサンボウフウ 
ハクサンボウフウ
がある。 イブキボウフウ 
イブキボウフウ
は低地の海岸などに生える。 ボウフウ 
ボウフウ
は風を防ぐという名前の薬草。仲間には ボタンボウフウ 
ボタンボウフウ
、 アメリカボウフウ 
アメリカボウフウ
、 ハマボウフウ 
ハマボウフウ
などがある

タカネイブキボウフウ