ハナダイコン
 はなだいこん(花大根) アブラナ科    分類:草  学名:Orychophragmus violaceus
別名・別読み: ショカッサイ(諸葛采)、オオアラセイトウ、ダイコンバナ、ムラサキハナナ

2001年04月12日   花びら:4枚   色:群馬県笠懸町岩宿 にて
江戸時代に中国から持ち込まれ、生命力が強いため野生化し日本中に帰化。花の形が ダイコン 
ダイコン
の花に似ていることから来た名前

ハナダイコン


ハナダイコン


2014年05月26日   花びら:4枚   色:東京都某薬科大学2薬用植物園 にて
ハナダイコンの実。 ハマダイコン 
ハマダイコン
や セイヨウノダイコン 
セイヨウノダイコン
の実と比べると、 インゲン 
インゲン
をさらに細くした実。

ハナダイコン


ハナダイコン


2004年03月31日   花びら:4枚   色:神奈川県城山かたくりの里 にて
別名のショカッサイは、諸葛孔明が成長が早いことから戦争中に陣地に植え、食料にしたことによる。似た名前で勘違いされるのに ダイコンソウ 
ダイコンソウ
や オオダイコンソウ 
オオダイコンソウ
、 ミヤマダイコンソウ 
ミヤマダイコンソウ
、がある。

ハナダイコン


ハナダイコン