トキワツユクサ
 ときわつゆくさ(常磐露草) ツユクサ科    分類:草・常緑  学名:Tradescantia fluminensis
別名・別読み: ノハカタカラクサ(野博多唐草)

2020年08月05日   花びら:3枚   色:東京都大田区 にて
トキワツユクサの実。熟すると殻が裂け、種子が弾き飛ばされることで、周囲に大繁殖をもたらす困りもの

トキワツユクサ


トキワツユクサ


2005年04月01日   花びら:3枚   色:小石川植物園 にて
観賞用として昭和初期に南アメリカから持ち込まれたが、現在は多くが野生化している帰化植物。 ツユクサ 
ツユクサ
や ムラサキツユクサ 
ムラサキツユクサ
の仲間だが、名前のように常緑。花が白いので白花の ムラサキツユクサ 
ムラサキツユクサ
、 シロバナツユクサ 
シロバナツユクサ
に似るが、ツユクサは花びらは2枚。

トキワツユクサ


トキワツユクサ


2007年04月12日   花びら:3枚   色:東京都大田区 にて
我が家の駐車場にかってに生えてきたトキワツユクサ。繁殖力の強さは相当なもの

トキワツユクサ


トキワツユクサ


下は鎌倉市にて

2008年05月24日   花びら:3枚   色:東京都大田区 にて
今年はさらに群落が大きくなって、とうとう2m四方にまで広がった

トキワツユクサ


トキワツユクサ