ノハナショウブ
 のはなしょうぶ(野花菖蒲) アヤメ科    分類:草  学名:Iris ensata var. spontanea

2018年07月20日   花びら:3枚 6枚 花びら:3枚 6枚   色:長野県入笠山 にて
原種といっても姿形は園芸種と変わりはないが、花びらの根元に黄色の細い斑紋があるので見分けが付く。なお菖蒲湯に使われる  ショウブ 
ショウブ
 はサトイモ科でまったく別種

ノハナショウブ


ノハナショウブ


2007年07月24日   花びら:3枚 6枚 花びら:3枚 6枚   色:霧ヶ峰八島湿原 にて
 ハナショウブ 
ハナショウブ
の原種で、山地の湿原や草原に自生。霧ヶ峰ではアヤメなどより遅く7月末に見ごろとなる

ノハナショウブ


ノハナショウブ


2010年12月10日   花びら:3枚 6枚 花びら:3枚 6枚   色:筑波実験植物園 にて
ノハナショウブの実。 アヤメ 
アヤメ
、 カキツバタ 
カキツバタ
なども同じく、硬い殻のなかに小さな種がいっぱいできる。

ノハナショウブ


ノハナショウブ


2009年07月13日   花びら:3枚 6枚 花びら:3枚 6枚   色:箱根湿生花園 にて
 カキツバタ 
カキツバタ
や  アヤメ 
アヤメ
、 イチハツ 
イチハツ
、 ヒオウギアヤメ 
ヒオウギアヤメ
などの仲間は、外側の大きな3枚が萼片で、内側に立ち上がっている3枚が本当の花びら 

ノハナショウブ


ノハナショウブ