ナガミヒナゲシ
 ながみひなげし(長実雛芥子) ケシ科    分類:草
学名:Papaver dubium
別名・別読み: ナガミノヒナゲシ、ロング・ヘッデッド・ポピー

2020/04/26   花びら:4枚   色: 東京都大田区
実の中には小さな種がびっしり入っている。切った部分は2cmと短い実の半分だが、数百は入っていそう。成長のいい場所では4〜5cmの長い実になるので、千個以上は入っている。乾燥してくると  先端の蓋状の下が空気口 
先端の蓋状の下が空気口
のように開き、ここから種が飛び出してくる。これが繁殖力の強い理由

  
2020/03/29   花びら:4枚   色: 東京都大田区
ナガミノヒナゲシのツボミ。秋に発芽し、ロゼット状態で越冬(写真左下)し、春先に茎を伸ばし開花するので、異常繁殖が見られたら、この時に駆除するのが賢明

  
2006/04/29   花びら:4枚   色: 東京都品川区
 ポピー 
ポピー
(ケシ)の仲間で、園芸種のように見えるが、南欧原産の帰化植物。1961年に東京で最初に発見されてから、急速に各地に広がり野生化している。

  
2007/04/29   花びら:4枚   色: 東京都大田区
名前は種が細長いことから。 ヒナゲシ 
ヒナゲシ
と同じく花が小さい。これは都内環状道路の歩道脇に生えていたもの