ハナツクバネウツギ
 はなつくばねうつぎ(花衝羽根空木) スイカズラ科    分類:木・落葉  学名:Abelia x grandiflora
別名・別読み: ハナゾノツクバネウツギ、アベリア

2018年07月14日   花びら:5枚   色:埼玉県安行農産物直売所 にて
葉に白〜黄色の斑が入るハナツクバネウツギ。斑が入る仲間には アベリア・コンフェッティ 
アベリア・コンフェッティ
などがある

ハナツクバネウツギ


ハナツクバネウツギ


2004年07月13日   花びら:5枚   色:小石川植物園 にて
 ツクバネウツギ 
ツクバネウツギ
と タイワンツクバネウツギ 
タイワンツクバネウツギ
から作られた園芸種で、背丈が小さいので生垣として植えられることが多い。衝羽根と名が付くように、すでに花の根元に5枚の羽根が出来ているのが見て取れる。

ハナツクバネウツギ


ハナツクバネウツギ


2007年06月30日   花びら:5枚   色:皇居東御苑 にて
他にも オオツクバネウツギ 
オオツクバネウツギ
、 コツクバネウツギ 
コツクバネウツギ
など仲間がある

ハナツクバネウツギ


ハナツクバネウツギ


2015年11月18日   花びら:5枚   色:箱根湿生花園 にて
遠目には花が咲いたように見えるが、秋から冬にかけて、このような種子ができる。ツクバネウツギの仲間には ベニバナツクバネウツギ 
ベニバナツクバネウツギ
、 コツクバネウツギ 
コツクバネウツギ
がある。なおアベリアでも呼ばれるが、アベリアはツクバネウツギ属の総称

ハナツクバネウツギ


ハナツクバネウツギ